一般事業主行動計画

一般事業主行動計画

医療法人JR広島病院は、次世代育成支援対策推進法に基づき「一般事業主行動計画」を公表いたします。

次世代育成支援対策推進法とは

次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境を整備するために、国、地方公共団体、企業、国民が担う責務を明らかにし、平成17年4月1日から施行されています。

一般事業主行動計画とは

企業が、子育てをしている従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない従業員も含めた多様 な労働条件の整備などを行うために策定する計画です。

医療法 JR 広島病院 行動計画

職員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 平成30年4月~平成31年3月31日までの1年間

(職員数:482名 男性99名 女性383名 H30年4月1日現在)

2.内容

目標1 : 育児休業制度において、条件を満たせば契約職員でも取得できる旨のパンフレットを作成し、改めて院内に周知する。

<対策>
○平成30年4月~案内文書の作成、及び配布、周知。

目標2:院内に新しく出来た保育所を、契約職員も利用できることをもっと周知する。また、今後は採用活動時においてもアピールポイントとする。

<対策>
○平成30年4月~保育園の利用パンフレットの作成、配布、周知。