地域医療連携室

地域医療連携室について

JR広島病院は、患者さまに安心と安全な医療を提供できるように、病診・病病連携を図り、東区の中核病院としての役割を果たしています。地域の「かかりつけ医」等との機能分担を図り、地域のための適切な医療を継続的に提供することで、「健康」の支援を地域とともに目指しています。日常の健康管理を「かかりつけ医」で行い、定期的な専門外来チェックや検査、入院医療が必要な時は「かかりつけ医」の先生方から紹介された患者さまを、責任をもって診療いたします。

ごあいさつ

地域医療連携室室長・副院長

三重野 寛

三重野

当院はこれまでも、地域の先生方からのご紹介は「断らない」をモットーに取り組んで参りました。施設等のハード面が充実したことと、当院の取り組み体制も整ったことにともない、これからますます地域の中核病院としての機能を発揮し、地域包括ケアシステムの実現を図ります。そのためにも、東区を中心とした地域の先生方とWin-Winの関係で手を携え、地域医療を支えていかねばなりません。先生方とのつなぎ役として、地域医療連携室へどしどしご相談いただければ幸いです。

地域医療連携室 担当看護師

竹井 里美

竹井里美

東区の中核病院として大学病院等の基幹病院と機能分担・連携を図り、急性期医療を提供し、退院後の患者さまへの総合的なサポートを担う医療機関として活動していきたいと思っています。そのためには、救急患者の受入、および退院後の支援を病棟との連携の下で患者さまがより安心して医療を受けられる環境の調整にも取り組んでいます。急性期から「住み慣れた場所で最期まで自分らしく生きる」ための在宅医療・介護の連携推進に一躍を果たし、東区の包括ケアシステムの構築にも貢献していきたいと思います。

地域医療連携室の取り組み

  • ○ 地域医療機関からの診療・検査予約受付
  • ○ 地域医療機関からの問い合わせ対応(情報交換・連携)
  • ○ 紹介元医療機関への来院・入院報告、返書管理
  • ○ 地域の先生と当院医師との共同診療を行う「解放病床」の管理運営
  • ○ 「地域包括ケア病等」:在宅支援を対象の療養病床
  • ○ 院内外へ病院情報発信、健康管理などのご案内
  • ○ 地域医療機関との研修会「オープンカンファレンス」の開催・運営

ご利用の手順

地域医療機関 1地域の医療機関より、「診療予約申込書」と「診断情報提供書」を、地域医療連携室にFAX送信 2「診療情報提供書」を患者さまにお渡しする 患者様 3地域医療連携室より患者さまへ受付確認のご連絡 4地域医療連携室より紹介元医療機関へ受付確認のご連絡 5当院へ患者さまが来院。その際「診療情報提供書」をご持参いただく 6地域医療連携室より紹介元医療機関へ患者さまの受診をご報告 地域医療連携室