眼科

診療内容

白内障を中心に、適切な診断と治療を提供します。

皆さんは、眼が見えなくなることを想像したことはありますか?毎日の生活で多くの情報が眼から入ってきます。それが絶たれることは、とても辛いことです。私たち眼科医は、皆さんの「見える」を守るために、診療しております。残念なことに病気で見えづらくなってしまった時、見えなくなった時には、残された視機能を有効活用できるように、専門機関への橋渡しも大切な役割だと思っております。

当院では、点眼・薬物・点滴治療、硝子体内注射、レーザー加療、翼状片手術、白内障手術、緑内障手術などを行っております。白内障手術は、近隣の眼科からの紹介患者さまが8割ぐらいです。今後も信頼いただける診療を提供できるように努めて参ります。当院で対応できない疾患については、広島大学病院をはじめ適切に専門病院へ紹介させて頂きます。

日本で失明原因の上位をしめる緑内障と糖尿病網膜症は、早期に発見して治療を始めることで、進行を抑制し失明を防ぐことが可能になります。しかし、この二つの病気は、初めは自覚症状が全くありません。緑内障は40歳を過ぎたら20人に1人、70歳を過ぎたら10人に1人と、とても多い病気です。気になる方は、どうぞ受診して下さい。一緒に、あなたの「見える」を守っていきましょう。

 

診療実績

1. 眼科手術件数

2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
白内障手術件数 339 321 408 353 413

医師紹介

noimage

眼科部長

田中 文香

たなか あやか

緑内障・眼科一般

日本眼科学会専門医、身体障害者福祉法指定医師、ボトックス講習・セミナー修了医師
1998年卒

ガイドラインに基づいた医療を行います。患者さまとのコミュニケーションを大切にしております。白内障手術はもとより、広島大学と協力して緑内障手術にも力をいれ、地域医療に貢献したいと考えております。

noimage

医長

出口 香穂里

いでぐち かおり

角結膜疾患

日本眼科学会専門医
2005年卒

症状をもとに必要な検査を行い、その結果や治療方針、治療経過をわかりやすい言葉で説明するよう心がけています。 眼科一般はもちろんですが、特に角膜、結膜の感染症やアレルギー、ドライアイなどを専門にしています。 ちょっとした症状でもお気軽にご相談ください。

noimage

医師

湯浅 知世

ゆあさ ともよ

眼科一般

2011年卒

丁寧な診察、わかりやすい説明を心がけ、患者さまに信頼していただける医療を目指してまいります。