外科・消化器外科

診療内容

患者さま一人ひとりに、最適な低侵襲の治療を提供します。

当院の外科は、消化器(肝臓・胆嚢・膵臓を含む)、甲状腺、乳腺を主として、患者さま一人ひとりに最適な医療を提供できるように日々研鑽を積んでいます。また、患者さまにとって低侵襲で負担の少ない内視鏡下の手術にも積極的に取り組んでいます。
症例的には、がんの手術が多いですが、緊急手術も積極的に行っています。緊急手術は、基本的に365日、24時間対応しています。スムーズな急患対応に、鋭意取り組んでいます。
治療の方針に関しては、患者さまとご家族の皆さまに十分な説明と情報提供を行った上で、話し合い、共に治療方針を構築していくことを基本としています。そして、何より安心・安全な医療を提供することが一番大事なことと考えています。
手術に関しましては、専門医による専門性の高い手術も行っています。技術に裏打ちされた、最善の手術を行い、患者さまが元気になられることを、スタッフ一同の喜びとしています。

診療実績

1. 外科・消化器外科手術件数

  手術内容 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年


甲状腺切除 8 37 14 15 29 46
副甲状腺切除 0 0 0 0 0 0
その他 0 0 0 4 2 4


乳腺 腫瘤摘出術 2 3 2 10 1 1
切除術 7 10 7 2 5 13
その他 6 3 1 2 1 0
切除術 28(28) 24(24) 8(8) 2 8(8) 0
縦隔 6(6) 4(4) 0 1 1(1) 0
その他 6(5) 13(12) 22(16) 15 3 0
食道 切除、再建術 1 0 0 1 2 0
その他 0 2 1 0 0 1
横隔膜 0 0 0 0 0 0
胸壁 2 4 3 4 0 0
心臓 0 0 0 0 0 0
その他 0 1 0 1 0 1


胃、十二指腸 良性、切除 1 3 0 0 2(1) 2(1)
良性、その他 2 0 2 5 3 4
悪性、切除術 32 23(1) 28(1) 15 18(8) 30(22)
悪性、その他 0 1 0 0 6(1) 0
大腸、小腸 イレウス解除術 11 7 11 8 4 2
腸切除術 42 42(10) 58(10) 44 50(18) 74(39)
人工肛門造設術 5 5 13 11 14 12(2)
その他 12 7 12 16 9 11
直腸、肛門 直腸切除術 19 11(3) 6(2) 13 11(6) 28(21)
痔核、痔瘻手術 18 18 21 35 8 8
その他 8 11 6(1) 21 6 7(4)
虫垂 切除術 44 24(2) 30(1) 22 44(17) 39(29)
その他 0 0 0 0 1 2(1)






肝臓 切除術 7 8 3 9 6 16(1)
その他 0 1 0 1 2(2) 0
胆道 胆嚢摘出術 39(25) 44(22) 26(17) 40 33(30) 56(48)
胆道再建術 1 1 1 1 2 2
その他 2 1 0 0 1 2
膵臓 切除術 2 1 5 5 5 3
その他 1 0 1 1 1 0
脾臓 摘出術 0 0 0 0 0 0




ヘルニア 57 51 39 44 42 52(13)
その他 1 2 8 3 2(1) 2(1)


静脈瘤手術 7 1 4 7 1 0
血行再建術 2 0 0 1 0 2
シャント術 0 0 0 0 4 36
その他(CAPD関連) 36 4 54 0 1 2

医師紹介

岡本 有三

病院診療部長

岡本 有三

おかもと ゆうぞう

消化器外科(肝胆道外科)、内視鏡外科

日本外科学会専門医、日本肝胆膵外科学会評議員、医師救急医療業務実地修練過程修了
1982年卒

私自身は、主に肝胆膵の外科を専門としていますが、患者さまの負担が軽い腹腔鏡下手術を含めた、上部・下部消化管手術にも関わっています。どの手術も安全性を心掛け、患者さまのより早い回復と退院に努めています。病院診療部長の役割の中で、医療安全管理に取り組んでおり、手術同様、患者さまの安全を確保し、医療の質の向上を目指しています。

矢野 将嗣

外科部長

矢野 将嗣

やの まさつぐ

消化器、内分泌甲状腺、内視鏡外科

日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、内分泌・甲状腺外科専門医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本透析療法学会専門医、日本肝臓病学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、消化器がん外科治療認定医、日本静脈経腸栄養学会TNT講師、日本静脈経腸栄養学会評議員、PDNセミナー講師、緩和ケア研修会修了
1989年卒

内分泌甲状腺外科専門医として、甲状腺疾患一般を専門外来で診療しています。甲状腺癌に対しては、「根治性」と「手術前と変わらない発声」を心がけた手術を行っています。また、甲状腺機能亢進症や橋本病の内服治療も行っています。私自身もともとは、消化器外科医であり、消化器外科一般では、腹腔鏡下胆嚢摘出術などを行っています。適応があれば、単孔式という創が一つの手術も行っています。緊急手術に対しては、率先して対応させていただきます。院内の栄養サポートチームのchairmanも務めています。臨床栄養(栄養障害)についても、お役に立てるかと思います。

福田 敏勝

消化器外科部長

福田 敏勝

ふくだ としかつ

消化器外科(胃外科、肝胆膵外科)、内視鏡外科

医学博士、日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医、日本消化器病学会消化器病専門医、日本肝胆膵外科学会評議員、日本肝臓学会肝臓専門医、日本透析医学学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了、卒後臨床研修ネットワーク指導医養成講習会修了、広島がんのリハビリテーション研修会修了
1990年卒

一般外科、消化器外科、その中でも胃外科、肝胆膵外科を専門としています。また低侵襲な手術として腹腔鏡下胃切除術、腹腔鏡下胆嚢摘出術、腹腔鏡下ヘルニア修復術などの腹腔鏡手術を施行しています。外科手術は治療のためとはいえ患者さんに負担を強いている側面がありますが、治療の質を保った上で、腹腔鏡手術により少しでも安楽に治療を受けていただけるよう努めています。

吉田 誠

医長

吉田 誠

よしだ まこと

消化器外科

日本外科学会専門医、日本大腸肛門病学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医
2000年卒

大腸がんの腹腔鏡下手術を専門としています。高いクオリティーで患者さまに負担が少ない治療を心がけています。また、直腸脱や便失禁などの非便障害の外科治療も積極的に行っております。お困りの方はお気軽にご相談ください。

齊藤 保文

医長

齊藤 保文

さいとう やすふみ

消化器外科

日本外科学会専門医
2005年卒

腹部消化器の外科一般に対応していますが、なかでも大腸を専門にしています。患者さまにとって何がベストの選択かということを常に考え、治療にあたっています。