麻酔科

診療内容

安全かつ最適な麻酔の計画・実施が使命です。

現在2人体制で、患者さまの術前診察と術中麻酔管理を行っています。麻酔科管理の手術症例数は、2015年には1,038例でした。当院で行われる手術の約半数(1日平均4.3件)の麻酔管理を行っています。患者さまが安全で快適に手術が受けられるように、日本麻酔科学会の安全基準に則って、一人ひとりに一番適した麻酔方法を計画しています。
また、広島県のメディカルコントロール協議会に参画しており、救急医療への貢献を強く意識しています。地域の救急救命士の教育活動などにも積極的に取り組んできています。

医師紹介

久保田 稔

麻酔科部長

久保田 稔

くぼた みのる

麻酔一般

日本麻酔科学会専門医
1983年卒

救急医療へのかかわりを通じて、地域医療に貢献していきたいと思っています。当院での救急に対する取り組みだけでなく、東区医師会等を通じた各種講習などにも積極的に参画させていただきます。今後ともぜひよろしくお願いいたします。