臨床工学室

臨床工学技士よりごあいさつ

三重野 寛

院内の医療機器を安全かつ安心して使用できるように、安全管理と情報収集等に努め、①安全な医療の提供 ②治療の質の向上 を目指しています。

私たち臨床工学技士は、機器の点検や透析・温熱部門での業務を通じ、患者さまに提供する医療の質の向上に取り組んでおります。気になること・ご質問等ございましたら、お気軽にお声がけいただき、安心・信頼して治療に専念していただきたいと思います。

業務内容

人工呼吸器の始業前点検・輸液・シリンジポンプ・除細動器等の定期点検や各種医療機器の保守点検業務、業務中の機器トラブルなどの対応を行っています。

透析中の患者さまの容態管理全般をはじめ、透析液水質管理、保守点検、修理、定期消耗部品交換などの業務に携わっています。また、血液浄化業務の一環として、腹水濾過濃縮再静注療法(KM-CART)、持続的血液濾過法(CHDF)などを行います。

自己血回収装置やペースメーカ植え込み術などの業務を行っています。

ハイパーサーミア業務を臨床工学技士が行い、機器の操作を中心に、

  1. ①各症例における加温出力の調整や熱感時の対応
  2. ②抗がん剤副作用の観察
  3. ③機器メンテナンス
  4. ④治療時における患者さまとのコミュニケーション

と一連の治療において携わっています。

「温熱療法室」はこちら