リウマチ・膠原病内科

診療内容

最新の知見に基づきリウマチ性疾患・膠原病の正確な診断、専門的な治療を行います。

自分の免疫システムが誤って自分の体を攻撃してしまう病気を自己免疫性疾患と呼んでいます。自己免疫性疾患の中でも細胞と細胞をつなげている結合組織( 膠原線維) や血管に炎症が起こる病気をリウマチ性疾患や膠原病といいます。
リウマチ・膠原病は治らない病気( 難病) と言われておりましたが、現在は早期診断と専門的な治療( 抗リウマチ薬、免疫抑制療法、生物学的製剤等) により寛解( 治療して症状が治まり病気が進行しない状態) を目指すことができるようになりました。
関節リウマチについては早期の症状を見逃さないために従来の検査に加えて関節エコー検査、MRI 検査などの画像検査を用いて早期診断し新規治療薬により関節破壊の進行を抑制し関節の腫れや疼痛を改善させることができるようになりました。
当科はリウマチ・膠原病といった全身性の疾患を対象としていますが各臓器に異常がある場合は当院の各診療科専門医と協力し患者様に安心した医療を提供いたします。また、地域の医療機関の先生方との連携を密にし、1 人1 人の患者さまが毎日、体調に不安なく過ごせるようにトータルケアをいたします。

【対象疾患】
関節リウマチ・リウマチ性多発筋痛症・シェーグレン症候群・全身性エリテマトーデス
混合性結合組織病・抗リン脂質抗体症候群・強皮症・皮膚筋炎/ 多発性筋炎
強直性脊椎炎・乾癬性関節炎・反応性脊椎炎・腸炎関連関節炎・SAPHO 症候群
サルコイドーシス・再発性多発軟骨炎・血管炎症候群・成人スティル病
ベーチェット病・IgG4 関連疾患
膠原病性間質性肺炎

【このような症状や異常があれば受診してください】
・ 関節の腫れや痛み
・ 朝のこわばり( 手がにぎりにくい)
・ 筋肉痛
・ レイノー症状( 寒い時に手指が白色・紫色から赤色に変色する)
・ 眼や口の乾燥症状などがある場合
・ 安静でよくならず動くとよくなる腰背部痛
・ 血液検査でリウマチ因子、抗CCP 抗体、抗核抗体などの異常値
 何らかの症状がありリウマチ・膠原病疾患を心配されている方は、早期診断・早期治療のためにも
 当科を早めに受診してください。

医師紹介

舟木 将雅

リウマチ・膠原病内科医長

舟木 将雅

ふなき まさもと

リウマチ・膠原病疾患、呼吸器疾患一般

日本リウマチ学会リウマチ専門医、日本呼吸器学会呼吸器専門医、日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医、日本化学療法学会抗菌化学療法認定医、日本内科学会内科認定医
2007年卒

これまでリウマチ性疾患・膠原病、呼吸器疾患全般を診療してきました。関節リウマチは関節だけの病気ではなく肺疾患の合併が多く( 約40% の合併)、リウマチ自体で肺疾患が起こり進行することもあればリウマチ治療薬によって発症することもあり、さらに感染症による肺炎を合併することもあります。その他の膠原病疾患においても重要かつ命にかかわる病気ともなりうる肺合併症についてリウマチ専門医と呼吸器専門医の両方の立場から根拠に基づいた治療と安全で有効な治療法を選択します。2016 年から広島大学病院リウマチ・膠原病科でも週に1 日外来をしています。