整形外科

診療内容

脊椎・脊髄および四肢・関節の治療を行っています。

整形外科は、四肢(上肢・下肢)および脊椎の病気を診断し治療する診療科です。上肢は、肩から指先、下肢は、骨盤からつま先までの広い範囲の病気をあつかいます。脊椎は、くび・背中・腰の痛みだけではなく、脊髄・神経が圧迫されて生じる上肢・下肢のしびれや痛み、手足の運動障害(手が動かしにくくボタンがかけにくい・箸が使えない・歩きにくい・転びやすい)の治療を行います。
当院では整形外科医7名が、脊椎・脊髄外科、関節外科および四肢の骨折・外傷の治療に力を入れています。脊椎疾患による神経痛は、初期には神経根ブロックなど保存治療を行いますが、保存治療の効果の少ない頑固な症状が続くときは、顕微鏡を使った手術をお勧めしています。顕微鏡を使用すると、立体的な視野の下で安全に手術が行え、身体に負担が少ないため翌日から離床が可能です。変形性股関節症、変形性膝関節症は高齢者に多くみられる疾患ですが、保存治療の効果のない高度な関節症の方には人工関節置換術を行っています。

診療実績

1. 整形外科手術件数

  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
脊 椎 205 229 240 230 220
上 肢 92 88 109 105 90
下 肢 203 209 223 209 211

医師紹介

佐々木 正修

整形外科部長

佐々木 正修

ささき まさのぶ

脊椎・脊髄外科

日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医 
1981年卒

痛みやしびれを客観的に理解することは難しいことですが、患者さまの声に耳を傾け、病気の回復のお手伝いをしたいと思っています。手術治療を行う上での基本姿勢は“安全”で、その中で最大の効果が得られる治療を選択したいと思っています。

中村 精吾

リハビリテーション科部長

中村 精吾

なかむら せいご

股関節外科、リウマチ

日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本リウマチ学会専門医、日本リハビリテーション学会専門医、日本整形外科学会スポーツ医 
1984年卒

整形外科、なかでも股関節を中心とした関節を専門としており、M.I.S手術を行っております。また、リハビリも担当しており、リハビリの指導やサポートを行っております。

村尾 保

医長

村尾 保

むらお たもつ

ひざ関節外科、整形外科一般

日本整形外科学会認定整形外科専門医
1986年卒

ひざ関節痛(半月板損傷、変形性関節症)の保存的治療、手術的治療を、状態やニーズを考慮し施行しています。骨粗鬆症性骨折も過不足のない治療を心掛けています。

土井 一義

医長

土井 一義

どい かずよし

整形外科一般

日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
2001年卒

これまでに安佐市民病院や中電病院等での勤務を経て、腰椎疾患、人工股関節置換術、外傷の手術を行ってきました。わかりやすく病態を説明し、必要に応じて手術をお勧めするということを心がけて診療しています。

新本 卓也

医長

新本 卓也

にいもと たくや

整形外科一般、ひざ関節外科

日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本体育協会公認スポーツ指導者スポーツドクター、日本医師会認定健康スポーツ医
2002年卒

侵襲の少ない、関節鏡を用いたひざ関節の手術(半月板損傷、じん帯損傷など)を専門としています。また、スポーツ外傷や骨粗しょう症の治療も積極的に取り組んでいます。

藤岡 悠樹

医長

藤岡 悠樹

ふじおか ゆうき

整形外科一般、脊椎・脊髄外科

日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
2003年卒

脊椎・脊髄外科を専門としております。高齢化が進むなかで骨粗しょう症が増えており、そのマネジメントと、結果としての脊椎圧迫骨折を一貫して診ております。