呼吸器内科

診療内容

地域の患者さまの相談相手として、幅広い疾患を「確実に」行っています。

当科では、慢性閉塞疾患(COPD)をはじめとする慢性呼吸不全、間質性肺炎、気管支喘息をはじめとするアレルギー疾患、肺がん、感染症、睡眠時無呼吸症候群など、幅広い呼吸器疾患全般の診療を行っております。肺がんはHIPRACとの共同治療を行っており、緩和ケア病棟との連携も行っております。また外科的治療を要する場合は、大学病院をはじめとした基幹病院にご紹介を含めた支援をしています。
私たちの役割は、地域のかかりつけ医の先生方とも連携し、患者さまにとって敷居の低い呼吸器専門医として、何かあれば気兼ねなく相談いただける存在であるということだと考えております。
リハビリ科や包括ケア病棟と連携して、退院転院サポートも行っております。
また、専門外来として、睡眠時無呼吸症候群外来と毒ガス外来・禁煙外来を実施しています。睡眠時無呼吸症候群の検査については、自宅でできる簡易睡眠時モニター、一泊入院での精密終夜睡眠ポリグラフィー検査を行います。必要があればCPAP治療の導入を行っています。

医師紹介

峠岡 泰幸

呼吸器内科部長

峠岡 泰幸

たおおか やすゆき

呼吸器、アレルギー、膠原病、感染症

博士(医学)、日本呼吸器学会専門医・指導医、がん治療認定医、日本アレルギー学会専門医・指導医、日本リウマチ学会専門医・指導医、日本化学療法学会抗菌化学療法認定医、ICD(感染制御認定医)、日本内科学会総合専門医、米国内科医会上級会員、米国呼吸器医会上級会員、島根大学臨床教授、日本肺癌学会中国・四国地方会評議員、日本内科学会中国地方会代議員、日本呼吸器学会中国・四国地方会評議員、日本医師会安全医療管理従事者講習会受講修了、緩和ケア講習会受講修了、身体障害者福祉法指定医(呼吸機能)
1989年卒

カリフォルニア大学医学部サンフランシスコ校留学後に、広島大学病院(講師)と島根大学医学部附属病院(呼吸器内科副診療科長・講師)では呼吸器疾患全般の診療に、広島赤十字・原爆病院とマツダ病院(呼吸器・アレルギー科部長)ではアレルギー性疾患、肺腫瘍の診療に従事してきました。広島市東部の地域医療に貢献したいと考えます。

稲田 順也

医長

稲田 順也

いなた じゅんや

呼吸器一般

医学博士、日本内科学会認定内科医、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本がん治療認定機構がん治療認定医
1997年卒

呼吸器のがんの診断と化学療法、そして緩和医療について経験と蓄積があります。地域の先生方と連携し、肺がんに適切に対応していきたいと思っています。

餘家 浩樹

医長

餘家 浩樹

よけ ひろき

呼吸器一般

日本内科学会認定内科医
2008年卒

呼吸器全般を診ますが、なかでも急性呼吸不全や感染症を得意としています。患者さまが、来院直前と同じ状態に「回復」して帰っていただくことを目標にしています。